ホーム

ハンドメイドのレザークラフトブログ。植物タンニン鞣しのヌメ革を使用した手縫いの革製品を作っています。

革でコンチョを作ろう

レザーと金属製品、とりわけシルバーや真鍮などは革製品と非常に相性が◎。
コインをドーム状に凹ましたコンチョもそのひとつです。
ハードなイメージの革製品ほどコンチョは生きるのですが、ソフトな印象の作品やハードなイメージを抑えたい、そんな場合は革で作ってしまうのも良いかと思います。
そんなワケで今回はレザーコンチョについて。

まずは材料を用意。
左は表面に使います。厚さは1.0〜1.5mmほど。柔らかいものを使います。
右は裏面、厚さは2.0〜3.0mmほどが良いでしょう。こちらは硬めの革が良いでしょう。
中央は芯材です。両面とも接着面になるので床革でいいです。
厚さはお好みで構いませんが、仕上がりの厚さを考慮し、色々試してみるのも楽しいかと思います。
左右とも5cm ×5cm、芯材は直径3cmです。
各自お好みの大きさで。
20171017232551b2a.jpeg

裏面パーツの床面にマーキング。
芯材パーツのヘリを落とします。ヘリ落としは表面パーツ側のみでOK。
20171017232552238.jpeg

接着面を荒らします。
芯材パーツは表裏側面まんべんなく荒らしましょう。
20171017232553f9c.jpeg

裏面パーツに芯材を接着。
201710172325554f9.jpeg

続いて表面パーツを接着。
20171017232556a4d.jpeg

表面をヘラ等でしごいて密着させます。
側面部分、円の外周はしっかりと。
2017101723255893d.jpeg

縫いの工程に入ります。
菱目打ちでアタリを付けて…
2017101723255975e.jpeg

菱錐で穴あけ。
201710172326011f2.jpeg

縫います。
強めに引き絞る感じで。
20171017232602b11.jpeg

丸く切り出します。
画像のような円定規があればベストですが、今回はちょうどいい大きさがないので型を作ります。
サークルカッターを2cm幅にセットし、画用紙のような厚めの紙を円形にくり抜きます。
今回は直径4cmの大きさになります。
20171017232604460.jpeg

型をガイドに円形にマーキング。
2017101723260574a.jpeg

包丁でカットします。
円形に切るのはかなり技術を要します。
自分も下手くそなのはあえて承知の上でコツを述べさせていただきますと、包丁を回すのではなく、革の方を回していくと良いでしょう。
この作業時に包丁の切れ味が落ちているようであれば、再度研いでから行う方が無難です。
201710172326067ef.jpeg

コバを処理します。
2017101723260830a.jpeg

出来上がりです。
ただ、この後さらにコインのコンチョのように凹ましたい場合は…
20171017232610b1f.jpeg

水で濡らして…
2017101723261151b.jpeg

このようなコンチョ製造工具で裏面から叩きます。
要はコインのコンチョと同じように加工してしまいます。
20171017232613c61.jpeg

より膨らみが強調されました。
20171017232614504.jpeg

サイドからの厚みはこのように。
2017101723261665e.jpeg

裏面はこんな感じで。
201710172326172bd.jpeg

いかがでしたでしょうか?
作品の幅を広げてどんどんレザークラフトを楽しんでいただければ幸いです。




















超簡単(手抜き)クラッチバッグの作り方

正直作り方を解説するほどでもない作品ですが、たったこれだけで革のバッグが作れますよ、ということを伝えたいが為の記事です。
お暇つぶしにでもなれば幸いです。
サラリーマンの自分は時々出張に出ることがあります。
その際、自分の革小物たちをお供に連れて行くのですが、これらをまとめて収納できるバッグが必要だと先日の出張で感じました。
一ヶ月ぶりのレザークラフトなので、慣らし運転がてら早速製作に。
とは言え、出張時くらいしか出番のない自分用のバッグにヌメ革を使うほどでもないので、有り余っている床革で。

床革を60cm×30cmにカットし、バッグ内側になる面をCMCにて処理。
20171007191504c1b.jpeg

オモテになる面にミンクオイルをすり込みます。
この処理はお好みで。
床面へのオイルアップは靴磨きなんかに使うブラシを使うと便利です。
20171007191506b02.jpeg

下部分の角をカット。
この処理もお好みで構いません。
カットする場合は、カットすることを前提にした接着を行なってください。
201710071915074ae.jpeg

菱目打ちで軽く当たりを付け…
20171007191508fde.jpeg

菱錐で穴を開けます。
もちろんそのまま菱目打ちで開けてしまってもOKです。
20171007191509f96.jpeg

コバを仕上げて出来上がりです。
これだけで袋物としての最低限の機能は確保されていますが、これでは少々味気ないのという方は、お好みの方法で留め具をつければ自分だけのオリジナルクラッチバッグが完成です。
2017100719151183a.jpeg

というわけで自分はコンチョと革紐で。
画像ではわかりにくいですが、コンチョはワニ革の被せボタンにしてあります。
201710071915175a4.jpeg201710071915196d3.jpeg20171007191520cf3.jpeg

『二つに折ってサイドを縫う』
素材が革ならば、これだけでそれなりにしっかりしたバッグが出来てしまいます。
サイズも好みに合わせて自由自在。
以上、クラッチバッグの作り方でした。



マチの構造について2

前回の記事でやや説明不足だったと思われる点について勝手ながら補足です。
目薬のケースをベースに解説したいと思います。
ケースといっても目薬サイズの小型メディスンバッグなのですが。
材料はこちら。
サイズ感はマス目でおおよそおわかりいただけるかと思います。
右端がマチのパーツになります。
20170909232938a01.jpg 

マチのパーツ全体を水で濡らし、水分を浸透させます。
余分な水分はタオル等で吸収。
水分を含み、若干色味が変わっています。
あ、濡らす前に床面側のセンターにマーキングしておくことを忘れずに。
201709092329408bb.jpg

ネジ念を4.5mmにセットして画像ように線を入れます。
20170909232941668.jpg

線に沿って折り曲げます。
水分を含んだ革は通常よりデリケートな状態にあります。
爪で軽く引っ掻いても跡が残りやすいので取扱いには注意が必要です。
2017090923294282f.jpg

端を90°に折った状態から…
201709092329442b5.jpg

オモテパーツのカーブに合わせて成型します。
各パーツのセンターにはマーキングを。
繰り返しになりますがマチパーツは濡らす前にマーキングしておきましょう。
この状態で一晩寝かして乾燥させます。
マチが乾燥したら製作を進めましょう。
2017090923294519f.jpg

その後の手順については前回の記事をご参考に。
応用すればどんなサイズのメディスンバッグでも作れます。
20170909232947cb9.jpg




マチの構造について

今回はマチのある立体的な革製品について、シガレットケースをベースに書きたいと思います。
あくまでもひとつの方法であり、ご参考程度にしていただければ幸いです。

左上からマチのパーツ、隣が本体後ろ側、下段左からかぶせの裏側、フロント部分、フラップ留めのパーツになります。
材料をカットしたら後からでは磨けないコバ、床面のモケモケを処理しておきましょう。

まずはフロントとマチの取付けです。
マチのパーツは幅3cm、長さが30cmにカットしてあります。
この時点でマチとフロントパーツの中心下部にあらかじめマーキングをしておきましょう。
画像はあらかじめウエットフォーミングで整形してあります。
20170903160454771.jpg 

ウエットフォーミングの手順ですが…
・マチのパーツを水に浸して十分に水分を浸透させます。余分な水分をタオル等に挟んで軽く叩くようにして吸収しておきます。
・両サイドともに端から4.5mmでネジ念で線を入れます。
・線に沿って革を90°に折り曲げ、フロントパーツのカーブに合わせてマチを成型します。
・一晩日陰乾かして準備完了です。
20170903160455188.jpg 

フロントパーツに幅4mmで縫い線を入れます。
20170903160456cef.jpg

マチを接着する前に穴を開けておきます。
立体的な構造上、マチを接着してからの穴あけは難しいので、この時点で穴を開けておくと接着してからの穴あけがやりやすくなります。
201709031604584cb.jpg

接着は中心下部のマーキング同士を張り合わせ、左右均等に張り合わせていきます。
マチパーツはやや長めにとって接着してから余分をカットします。
カットした断面のコバはこの時点で磨いておくといいです。
20170903160500b2c.jpg

あらかじめ開けておいた穴をガイドにマチパーツに穴をあけ、縫います。
後ろ側のパーツを付けてからではやりにくいので、フラップ留めのパーツもこの時点で縫い付けておきましょう。
201709031605027bd.jpg

かぶせのパーツを縫い付けます。
厚い革なら裏のパーツは必要ないかもしれませんが、この部分は作品の顔的な部分にもなるのでお好みで。
20170903160502070.jpg

本体後ろ側との接着。
フロントと同じく中心下部にマーキングします。
接着はこのマーキングから左右均等に。
201709031605040e2.jpg

後ろパーツはマチ側から穴をあけます。
自分は全ての作品で『前面』側から穴をあけるようにしております。
後ろ側から穴をあける場合はフロントパーツと同じ手順で良いかと思います。
20170903160506907.jpg

コバを磨いて完成です。
201709031605073a1.jpg

こちらのケースは1.5mm厚の革ですが、本体の後ろや前のパーツを厚くすることでより頑丈なケースに仕上がります。
ただし、マチのパーツは厚くしすぎると製作は困難になりますので、強度に支障のない程度の厚さを確保したうえで、縫い代部分を漉くなどの工夫が必要です。

今回記事にした構造はバッグやカードケースにも応用がきくタイプなので、各人の好みの作品に生かしていただき、より良いレザークラフトライフを送っていただければ幸いです。



































マネークリップ

久しぶりにまともな?記事を書きたいと思います。
今回はマネークリップについて。
比較的少数派の財布かと思いますが、薄着になるこの季節、ポケットの中身を軽くしたい方にはオススメです。

で、そのマネークリップの作り方ですが、まずは内装はこんな感じです。
いつも持ち歩いているカード枚数に合わせてポケットの数はお好みで。
この辺りの詳細は割愛。
20170823215841e06.jpg 

マネークリップについては教則本等一切見ておりません。
完全なる我流ですのであくまでもご参考程度に。
ポイントになるのはセンターのクリップ部分。
センターから左右に1センチづつ離したところに縫い線を引きます。
201708232158284ed.jpg 

当然ですが左右の穴の位置、数は合わせます。
折りたたんで金具を挟んだ状態で、この穴を縫い合わせます。
2017082321583072a.jpg 

金具の取付け時は接着剤は使いません。
挟み込んだ金具を安定させるため、縫い終わりの穴に針を刺して固定しておきます。
この状態で縫い進めますが、糸を引く力はいつもより強めに。
縛り付けるような感じでしょうか。
あまり強すぎても仕上がりに影響が出ますので、この辺りの力加減には注意が必要です。
20170823215833242.jpg 

縫い上がりはこんな感じで。
金具の取付け前に外周のコバは仕上げておきましょう。
20170823215834ad4.jpg 

金具を挟まずに縫って後から金具を差し込んでも大丈夫だとは思いますが、キツくて入らなかったり、逆に緩くて金具が抜けてしまうのが怖いので、このような方法で製作しております。
201708232158449dc.jpg 201708232158463ec.jpg 20170823215847f89.jpg 
お堅いイメージのマネークリップですが、色使いで遊び心を出せば素敵な一品になるかと思います。
今回のオーダーではオモテはややシックに、中はポップに。
受注製作にて承っております。
お問い合わせお待ちしております。

久しぶりの更新

インスタグラムを始めてからめっきりブログの更新滞りました。
生きて活動は続けております。
SNSが世に浸透し、ブログも人によっては時代に合わないものなってきたのかもしれません。
特にネタも無いのでここ1年ほどの作品でも。

500円硬貨の入るコインホルダー。
20170815214247c9e.jpg 

キーリング。
20170815214248bcb.jpg 

ペンケースですが、中身はメイク用品の収納にお使いのようです。
20170815214252912.jpg 

ライターケース。
全てハギレで作った自分用です。
2017081521425198e.jpg 

ライターケースを収納する箱も革で。
20170815214252a9e.jpg 

コバまでヘビ革ブレスレットです。分厚い床側にヘビを巻きつけるように貼り付けて縫い合わせてあります。
20170815214255553.jpg 

スマートキーケースとコインホルダー。
星を愛するお得意様よりオーダーいただきました。
20170815214256297.jpg

バッファロー革のクラッチバッグ。 201708152143000d9.jpg 

iPhone5sケース。
ヘビ革を貼ってあるだけ。非売品です。
2017081521430154f.jpg 

ナチュラルヌメ革クラッチバッグ。
20170815214301ffd.jpg 

シンプルロングウォレット。
201708152143037ce.jpg 

シガレットケースと携帯灰皿。
201708152143038fb.jpg 

ファスナーチャーム。
20170815214307802.jpg 

エルクスキンの小物入れ。
ハギレで作りました。何を入れるかは一切想定しておりません。
20170815214308e9b.jpg 

レザークラフト10年目にして初めて作ったベルト。
20170815214308976.jpg

ハートコンチョのレザーウォッチ 。20170815214308f69.jpg 

シンプルキーケース。
とあるご夫婦へ贈り物に。
2017081521431123f.jpg 

二重巻きブレスレット。
ベルト用の5mm厚の余りで制作。
20170815214312f94.jpg 

ヌメ革キッズウォレット。
成長の願いをこめて。
2017081521431493a.jpg 

今後もメインはインスタグラムになりますが、ブログもうちょい頑張りたいと思います。



ちょっと変わった革小物

ハンドメイドの良い点は、自分だけのオリジナルが作れるところです。
市販ではまず無いようなモノでも形にできるのが強みです。
今回はそんな感じの革小物をご紹介。

革で作ったコンチョ。
市販されてないわけではないですが、なかなか自分の気に入ったモノを探すのは難しいと思います。
こちらは星をモチーフにしたレザーコンチョ。
依頼者様はブーツに付けるアクセとしてオーダーしていただきましたが、ヘアゴムなどにもアレンジ可能です。
20160221 (1)

革製品がお好きな女子にレザーのかんざしを。
コンチョと同じ方からオーダーをいただきました。
星をモチーフにしたかんざしですが、アイデア次第で個性的なモノができそうです。
20160221 (2)
20160221 (3)
20160221 (4)
20160221 (5)

こちらは...
画像をご確認ください。
20160221 (6)
20160221 (7)
20160221 (8)
20160221 (9)

ご覧のとおり、オロナインホルダーです。
「携帯するならチューブのやつでよくね?」
と言われたら、まぁそのとおりなんですけど、そこをあえて。
まさにこれこそハンドメイドの醍醐味です。
20160221 (10)

腰周りのお供に。
不意な擦り傷、火傷にもこれで安心ですね。
毎日がキズとの闘い、というバイオレンス且つマッドマックスな日常のあなたなら、チューブのヤツじゃ足りないはず。
これくらいの装備はしておきたいところです。
20160221 (11)
20160221 (12)


オロナインはドラッグストアで、ホルダーはHI's worksで。
オーダーのご相談はお気軽に。


HI's worksの作品ご購入はこちらから。

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -

Yahoo!ショッピング

minne(ミンネ)

------------------------------------------------------------------------------


革工芸手縫いの真髄

中古価格
¥3,500から
(2015/6/25 23:36時点)




革の技法  楽しむための基本集

新品価格
¥1,404から
(2015/6/25 23:35時点)




手縫いで作る革のカバン

新品価格
¥2,700から
(2015/6/25 23:35時点)








minne(ミンネ)では、1点もののアクセサリーや文房具、雑貨、食器などなど
かわいい手作りの作品が24万点以上出品中♪
作品を見ているだけでもあなたの創作意欲が刺激されちゃいます☆
まずはいちど見てミンネ ☆ 彡

ネットショップを始めるなら、専用のFacebookアプリ(もちろん無償)もあるショッピングカートASPサービス【カラーミーショップ】がおすすめです。


------------------------------------------------------------------------------















あけましておめでとうございます。

1月も半ばになってから恐縮ですが。

最近はインスタグラムをメインに活動内容を記録しており、ブログの更新はすっかりおろそかになってしまいましたが・・・。
昨年はこれまでにないくらいたくさんのオーダーをいただき、本当にありがたい年でした。
2016年もよりたくさんの作品を作っていけるよう頑張りたいと思います。

10月~12月にかけて依頼を受けたオーダー作品の一部をご紹介します。

ベルトホルダータイプのキーリング。
腰からジャラジャラしたい方に。
20160111 (1)

一番人気の売れ行きを誇るカードケース。
名刺の厚さにもよりますが、こちらは30~40枚の収納が可能な大容量タイプ。
お好みのカラーでお作りします。
20160111 (2)

手帳型スマホケース。
こちらは横置きして動画などの視聴が可能な横置きスタンドタイプです。
お使いの機種に応じて製作可能です。
20160111 (3)
20160111 (4)

お買い上げいただいたメディスンバッグにコンチョの追加取り付けのオーダー。
このようなオーダーにもご対応しておりますので、まずはご相談いただければと思います。
20160111 (5)

こちらも人気の床革超ビッグトート。
350×450×200のビックサイズ。
こちらはバッグに適した厚みの床革が安定して入荷できない為、現在オーダーを停止させて頂いております。
通常のヌメ革、及びその他の革であればオーダー可能です。
トートはお好みのサイズで仕上げることができます。
サイズ、使用する革によってお値段は変動します。
ご興味ある方はお問い合わせください。
20160111 (6)

iphone6plusの手帳型ケース。
ダイヤモンドパイソン仕様の非常に贅沢な一品。
オーダーならではの作品です。
20160111 (7)

ヌメ革ロールペンケース。
巻けば巻くほどアジがでる一品。
お好みのカラーがありましたらご相談ください。
20160111 (8)

販売している作品は基本的にはオーダーが可能ですが、在庫状況や仕入れの問題でご対応できないこともございます。
まずはご相談、お問い合わせを。
世界でひとつ、あなただけの革製品を一緒に作り上げていく為に、可能な限りのお手伝いさせていただきます。

2016年もHI's worksをよろしくお願いします。

HI's worksの作品ご購入はこちらから。

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -

Yahoo!ショッピング

minne(ミンネ)

------------------------------------------------------------------------------
minne(ミンネ)はハンドメイド作品のオンラインマーケットです。
手作り作品のネット販売が、月額利用料「0円」で行えます。
お金のやりとりはminneが代行するので、初めての方でも安心です♪
すぐにあなたの作品を販売できるminne(ミンネ)はこちらから。


国内最大級の個人向けホスティングサービス「ロリポップ!レンタルサーバー」で有名な
GMOペパボが提供する、誰でも簡単にネットショップを開業できるショッピングカートサービス!
オンラインショップ運営支援サービス「カラーミーショップ」は、

簡単にショップが作れるだけでなく、商品管理やクレジットカード決済の導入など、
初めてオンラインショップを立ち上げる方にも、非常に使いやすくなっています。

------------------------------------------------------------------------------

レザークラフト ベストセレクション vol.3 シンプル小物編 (レザークラフト別冊)

新品価格
¥1,058から
(2015/4/30 21:28時点)













バッグの修理も可能です。

Hi's worksでは革製品の制作のみならず、既製品の修理も受け付けております。


今回はバックの持ち手の修理。


バッグ本体と持ち手の繋ぎ目付近、 1番負荷のかかるところですね。
ここが切れかかっているので直して欲しいとのご依頼。
元の持ち手は幅1センチ。
1.5mmの革を貼り合わせてあるようですが、1cm×1cmの中に縫い穴が6か所…。
これでは強度的な不安は否めません。
20151102.jpg

そこで今回は、元のデザインのイメージを残しつつ、持ち手の幅を広く取り、強度をアップしつつリメイク。
材料は元と同じくナチュラルのヌメ革、厚さは1.5ミリです。
元の持ち手の切れかけていた部分を、角カンに置き換え、可動域を広げることで負荷の分散を図ります。
繊維の緻密なベンズを使用し、持ち手の幅は2倍の2センチに広げました。


本体への取り付けパーツ。
ここは元のデザインと変わりなく。


レザークラフトをしている方はご存知かと思いますが、ベンズとは背筋の部分のことを指します。
革の部位の中で最も繊維が緻密で丈夫な部分です。
この部位を持ち手に使用します。


で、こんな感じに取り付けまして。


サイドの飾り?のようなパーツはほぼ似たような感じで。


元パーツとの比較。
改めて見ると持ち手が細すぎて強度不足なのが分かると思います。


サイドは見よう見まねで。


完成です。


元の持ち手を見る限り、革の表面がカラカラに乾いてひび割れており、オイル等のメンテナンスもされてないようでした。
こういったヌメ革の持ち手や製品は、適度にオイルアップでお手入れすることをお勧めします。

それでも切れてしまったらHI's worksにご相談ください。



HI's worksの作品ご購入はこちらから。

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -

Yahoo!ショッピング

minne(ミンネ)

------------------------------------------------------------------------------


革工芸手縫いの真髄

中古価格
¥3,500から
(2015/6/25 23:36時点)




革の技法  楽しむための基本集

新品価格
¥1,404から
(2015/6/25 23:35時点)




手縫いで作る革のカバン

新品価格
¥2,700から
(2015/6/25 23:35時点)








minne(ミンネ)では、1点もののアクセサリーや文房具、雑貨、食器などなど
かわいい手作りの作品が24万点以上出品中♪
作品を見ているだけでもあなたの創作意欲が刺激されちゃいます☆
まずはいちど見てミンネ ☆ 彡

ネットショップを始めるなら、専用のFacebookアプリ(もちろん無償)もあるショッピングカートASPサービス【カラーミーショップ】がおすすめです。


------------------------------------------------------------------------------










手帳型スマホケース

市販の製品でも実にたくさんの種類を見かける手帳型スマホケース。
自分が作ることはないかと思っていたところにオーダーをいただきました。
こちらはiphon6plusの手帳型ケース。
s-20151101 (3)

オモテ革に焼印入りをご希望されました。
革へのこだわりを感じます。
こういった部位を使用した革製品は、なかなか市販の品では難しいかと思います。
s-20151101 (5)

手帳型の良い所はウォレットのようにカード類の収納も可能なところ。
さすがに小銭は入りませんが、支払いはカードや携帯で、という方にはもはや財布はいらないかもしれません。
s-20151101 (4)

カバーを着けたままでも撮影が可能です。
s-20151101 (1)

存在感バツグン。
まさにこの世にひとつの一点モノ。
オーダーいただきありがとうございました。
s-20151101 (2)

続いてはこちら。
AQUOS zeta SH-03G、のカバーです。
s-20151102 (1)

内装はシンプルに。
カードポケットは一枚ですが、その下に大きめのポケットがひとつ。
使い方はお好みで。
s-20151102 (3)

もちろんカバーを装着したままの撮影も可能です。
s-20151102 (4)

こちらのタイプの特徴は横置きして動画の視聴が可能なこと。
s-20151102 (2)


手に触れる機会の多いスマホカバーは経年変化も早く革製品の味わいを存分に楽しめると思います。
よほどマニアックな機種で無い限り、どんな機種でも作成可能です。
オーダーのみのご対応となっております。


HI's worksの作品ご購入はこちらから。

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -

Yahoo!ショッピング

minne(ミンネ)

------------------------------------------------------------------------------
minne(ミンネ)はハンドメイド作品のオンラインマーケットです。
手作り作品のネット販売が、月額利用料「0円」で行えます。
お金のやりとりはminneが代行するので、初めての方でも安心です♪
すぐにあなたの作品を販売できるminne(ミンネ)はこちらから。


国内最大級の個人向けホスティングサービス「ロリポップ!レンタルサーバー」で有名な
GMOペパボが提供する、誰でも簡単にネットショップを開業できるショッピングカートサービス!
オンラインショップ運営支援サービス「カラーミーショップ」は、

簡単にショップが作れるだけでなく、商品管理やクレジットカード決済の導入など、
初めてオンラインショップを立ち上げる方にも、非常に使いやすくなっています。

------------------------------------------------------------------------------

革の技法  楽しむための基本集

新品価格
¥1,404から
(2014/5/18 13:46時点)




手縫いで、革小物

新品価格
¥2,160から
(2014/5/18 13:46時点)




レザークラフト スターターキット 手縫い用工具10点セット 日本製

新品価格
¥4,450から
(2014/5/18 13:48時点)




レザークラフト コンプリートキット【日本製】/レザークラフトをはじめる方に嬉しい、プロも使用している拘りの手縫い用工具18点セット

新品価格
¥10,422から
(2014/5/18 13:50時点)
























スポンサードリンク
プロフィール。

H

Author:H
~Hand-sewn leather products~ Hi's works
~手縫いの革モノ~ ハイズワークス

ご覧いただきありがとうございます。

植物タンニンなめしによるヌメ革を主に、手断ち、手縫いにこだわったハンドメイドの革製品を製作しています。
サラリーマンとしての本業を持つ傍らで活動しておりますので、言わば片手間での製作とも言えますが、本業で無い分、ひとつひとつの作品に手間と時間を惜しまず製作しております。
「こんな財布が欲しい」「こんな感じのカバンが…」といったご要望があれば是非お問い合わせ下さい。
あなたの思い描く革製品を形にするべく、可能な限りお手伝いをしたいと思います。

作品販売サイト
Yahoo!ショッピング
Creema(ハンドメイド・ソーシャルマーケット)
minne(ミンネ)

製作状況、作品画像等
ツイッター
インスタグラム



作品のご購入、オーダーメイドのご相談、レザークラフトに関するご質問等、以下メールフォームからご連絡下さい。

お問い合わせはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ。
最新記事。
ご訪問ありがとうございます。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ。
コメント。
レザークラフト始めませんか?

革の技法  楽しむための基本集

新品価格
¥1,365から
(2013/8/18 15:46時点)



手縫いで作る革のカバン

新品価格
¥2,625から
(2013/8/18 15:48時点)



手縫いで作る革のウォレット

新品価格
¥2,625から
(2013/8/18 15:51時点)



はじめてのレザークラフト

新品価格
¥2,625から
(2013/9/28 23:05時点)



レザークラフトスタートブック

新品価格
¥2,940から
(2013/9/28 23:07時点)



レザークラフト スターターキット

新品価格
¥3,970から
(2013/9/28 23:09時点)



牛革ハギレ【レザーマニア】



素晴らしい革職人たち。