ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  革蛸台形ラウンドジッパーワレットコンテスト  »  革蛸ラウンドジッパーワレットコンテスト結果発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革蛸ラウンドジッパーワレットコンテスト結果発表

仕事から帰宅したら『革蛸ラウンドジッパーワレットコンテスト』に応募したウォレットが帰ってきていました。
どうやら掲載されたデイトナブロスも既に発売されているようなので、あわてて本屋に。

ss-DSC05736.jpg

中を開くとコンテストのページには以下のような事が書かれていました。


「今回は革蛸高野プロデューサー不在の為採点はナシ。」



え?


・・・自分は高野プロデューサーに自分の作ったウォレットを評価、採点して欲しかったからこそ応募したのですが…。

自分の作った作品を酷評されることもあり、むしろ酷評される作品のほうが多いコンテストですが、だからこそやりがいがあるというもの。
他の応募者さんたちの中には採点が無くてホッとしている方もいるもしれませんが…。
前回までのコンテストでは採点をしていたのに今回はなぜ?
むしろ厳しい視点で酷評をして欲しかった自分にとっては正直ガッカリ。
僕と同じ気持ちの応募者さんもいると思います。
採点されることを承知の上でコンテストに挑んでいるはずであり、採点されるのが当たり前と思っていました。
少なくとも応募した全員の方がそう思っていたのではないでしょうか?


はっきり言います、デイトナブロスさんにはガッカリです。


同ページは以下のようなことも。

「本来、趣味で楽しむレザークラフトに点数などいらないのも事実だ。」

何の言い訳でしょうか?

コンテストと銘打って募集しておきながら正直これは無いのでは?



次回はマニフォールドのウォレットでコンテストがあるようですが…。
今回のような採点ナシなら応募する気にはなれません。


まぁ時間はたっぷりあるのでじっくり考えてみようと思います。






Creema(ハンドメイド・ソーシャルマーケット)


牛革ハギレ【レザーマニア】













関連記事
Comment
コメントいただきありがとうございます。
出版社とその関係者の事情は、こちらとしては到底うかがい知る事はできませんが、結果として
高野氏は応募者を裏切った形となってしまい、デイトナブロスも体裁を整えることで
精一杯だったのでしょうか?

いずれにしても作品応募者の自分としては今回のことが残念でなりません。

しかしながらデイトナブロスは雑誌としては嫌いではないですし、今回のことに憤りを感じながらも
次回のコンテストには応募する気持ちはあります。

「力作」と言っていただいたからには今後も頑張らないわけにはいきません。

当方のブログを除いていただき誠にありがとうございました。











> デイトナブロスは御都合主義の無かった事で済ませたんでしょう。
>
> ですが、デイトナブロスもある意味被害者と言えると思います。
> 多分、高野とデイトナブロスは揉めたんだと思います。
>
> 高野という人間は、これまで数々の人間を裏切り、
> 最後には物別れという不義理を何度も繰り返しています。
> 基本、人を騙す事しか考えてない人間です。
>
> 頭の悪い詐欺師だと判明するのにそう時間はかかりませんでした。
> 取扱店もドンドン減りサムライジーンズとも揉め…ついにデイトナブロスもようやく気付いたんでしょう。
> 残ってるのはまだ上手く騙せてる人間と悪行に気付いてない人間だけです。
> 今現在高野は逃げるように生活してます。
> 露出も少なくなったのはそのせいです。
> 色々と足掻いてるようですが数々の被害者には全部バレてるので無駄ですね。
>
> 革蛸に関して今までおかしいと感じた事はありませんでしたか?
> 2ちゃんねるにも色々書かれてるいますが
> 変な擁護を覗けば全て真実です。
>
> あなた様のあまりの力作に見るに見かねてコメントさせていただきました。
> 本当ならこのコメントも公開してもかまわないのですが
> まずあなた様に読んでほしいと思い非公開にさせていただきました。
>
> 他のブランドのコンテストなら革蛸と違ってちゃんとした会社なので大丈夫だと思います。
>
> また力作を期待しています。
> 自分が書き出した事ですが財布だけの話題にしたいものです。
>
> 長文失礼いたしました。
デイトナ
横暴された作品は、すぐにわかりました。
私も、評価記事を見てがっかりでした。あれだけ前回まで酷評したり褒めても点数が10点だったりと、面白かったのですが、高野氏と編集部が一番中途半端だったという事ではないでしょうか。
でも、Hiさん(でいいですか?)の作品は良い出来だと信じております。これからもブログの方は読ませていただきます。頑張って下さいね!
きありがとうございます。
いつもブログを見ていただいているのでしょうか?
更新頻度も少ないのになんだか申しわけありません。
ある意味採点されるよりも残念な結果になってしまいましたが、今はリベンジしたい気持ちが強くなってきています。
紙面にも『次回はアレンジ作品を!』とありますので…。
裏マニフォに着手したらまたブログに書きますので、読んでいただけたら幸いです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール。

H

Author:H
~Hand-sewn leather products~ Hi's works
~手縫いの革モノ~ ハイズワークス

ご覧いただきありがとうございます。

植物タンニンなめしによるヌメ革を主に、手断ち、手縫いにこだわったハンドメイドの革製品を製作しています。
サラリーマンとしての本業を持つ傍らで活動しておりますので、言わば片手間での製作とも言えますが、本業で無い分、ひとつひとつの作品に手間と時間を惜しまず製作しております。
「こんな財布が欲しい」「こんな感じのカバンが…」といったご要望があれば是非お問い合わせ下さい。
あなたの思い描く革製品を形にするべく、可能な限りお手伝いをしたいと思います。

作品販売サイト
BASE

Creema(ハンドメイド・ソーシャルマーケット)

minne(ミンネ)

作品のご購入、オーダーメイドのご相談、レザークラフトに関するご質問等、以下メールフォームからご連絡下さい。

お問い合わせはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ。
最新記事。
ご訪問ありがとうございます。
カレンダー。
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ。
コメント。
レザークラフト始めませんか?

革の技法  楽しむための基本集

新品価格
¥1,365から
(2013/8/18 15:46時点)



手縫いで作る革のカバン

新品価格
¥2,625から
(2013/8/18 15:48時点)



手縫いで作る革のウォレット

新品価格
¥2,625から
(2013/8/18 15:51時点)



はじめてのレザークラフト

新品価格
¥2,625から
(2013/9/28 23:05時点)



レザークラフトスタートブック

新品価格
¥2,940から
(2013/9/28 23:07時点)



レザークラフト スターターキット

新品価格
¥3,970から
(2013/9/28 23:09時点)



牛革ハギレ【レザーマニア】



素晴らしい革職人たち。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。