ホーム

ハンドメイドのレザークラフトブログ。植物タンニン鞣しのヌメ革を使用した手縫いの革製品を作っています。

ショートウォレット作成の流れ

先日Instagramの『ストーリーズ』を使ってウォレット制作の流れを投稿したので、こちらで補足的に記事にしてみました。

まずは型紙。
ご覧のように各パーツ毎に厚みが違います。
個人的主観で言えば内装は1.0〜1.5mm、表になる革は2.5〜3.5mmくらいが良いかと思います。
厚さを確保するために革を重ねて接着するという方法もありかと。
20190614010232623.jpeg

裁断が完了。
20190614010231aac.jpeg

基本の『縫ってからは磨けない箇所』のコバ磨き。
201906140102299d3.jpeg

カードスロットパーツの裏側を軽く漉きます。
1mmの革なら必要ないかもしれません。
ここは革の厚みと相談して各自のご判断で。
20190614010227993.jpeg

パーツの順番や接着位置を間違えないようよくご確認を。
2019061401022615d.jpeg

自分はカードスロットの最下段に屋号の焼印を入れますが、こういった焼印や刻印は『入れられるタイミング』で入れておきましょう。
特に焼印は一発勝負なので、全てが完成してからよりは適切なタイミングで入れておくのが無難です。
ただ、焼印の一発勝負の緊張感もレザークラフトの醍醐味として是非楽しんでいただきたい。
20190614010224aaa.jpeg

カードスロットのパーツは上と下の2枚のパーツで構成されます。
下のパーツを本体内装パーツに縫い付けるまで保留。
この時点で磨けるコバは磨きます。
穴あけは接着してからでもできますが、この状態のうちに縫い線&穴あけをしておくと後の作業がちょっと楽になります。
二度手間がお嫌いな方は飛ばして。
各自のお好みで行いましょう。
201906140102235d1.jpeg

本体への縫い付け穴を開けておいてから…
2019061401022227c.jpeg

マチの後ろ側を縫い付け。
コバも磨いておくと良いでしょう。
20190614010220d2b.jpeg

自分は本体への取付けに接着剤を使いませんので、四隅になるところに穴を開けておきます。
20190614010219be5.jpeg

四隅の穴に針でパーツを固定して穴を開けていきます。
20190614010217ac7.jpeg

縫うときも針2本を使って固定しながら縫うと幾分作業が楽に。
201906140102162dd.jpeg

カードスロット、コインケース共に下になるパーツを縫い付けたら、内装を完了するべく作業を進めていきます。
20190614010214c51.jpeg

内装が仕上がったらセンターの割いた部分を縫い合わせます。
20190614010213b4e.jpeg

これで内装が完了です。
コインケースにホック等付ける場合はこのタイミングで。
20190614010211df7.jpeg

後ほど接着してからもう一度穴を開けなければいけないので、二度手間ではあるのですがこの時点で一度穴を開けておきます。
201906140102104bb.jpeg

オモテと内側パーツの横幅は、内側パーツのほうが7mm〜10mm短くなっています。
短いぶん曲げて張り合わせことになります。
接着は慌てず慎重に。
201906140102081ed.jpeg

張り合わせると完成の形が目に見えてきます。
接着剤が乾いたら改めてオモテ側から穴あけを。
20190614010207819.jpeg

縫って納得いくまでコバを磨いてください。
20190614010206b18.jpeg

完成です。
2019061401020530c.jpeg


反省点多数。
改善点も多数。
ロングやミドルよりショートのほうが難しいですが、その分作っても楽しい作品です。

良いレザークラフトライフを。
ご参考になれば幸いです。
スポンサーサイト



apple Watch用レザーバンドの販売を開始しました。

昨年発売されたアップルウォッチseries4。
今回のモデルチェンジをきっかけ購入に踏み切った方も多いのではないでしょうか?
アップルウォッチには様々な機能はもちろんのこと、バンドを気軽に取替えることができるのも魅力のひとつ。
Hi's worksではそんなアップルウォッチの魅力をさらに引き立てるレザーバンドをご用意しました。

革本来の味わいと色使いで遊べる25mm幅のシンプルモデル。
文字盤のカラーと合わせることで一段とオシャレなウォッチに早変わり。
2019020700455325c.jpeg


栃木レザーヌメ革 レッドモデル。
201902070045525d8.jpeg
2019020700455007d.jpeg


サドルレザー焦茶モデル。
20190207004548b2c.jpeg
20190207004547c1b.jpeg


サドルレザーナチュラルモデル。
20190207004546596.jpeg
20190207004544b77.jpeg


ルガトショルダー ネイビーモデル。
20190207004543fc4.jpeg
201902070045418d4.jpeg


今後さらにラインナップを増やしていく予定です。
また、一見するとアップルウォッチに似つかわしくないハードな印象なモデルも現在思案中です。
オーダーも随時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

カードケースの作り方2

今回はウエットフォーミングの応用で、容量の多いタイプのカードケースの製作手順を解説したいと思います。
材料はこちら。
オレンジの本体、被せウラのピンク、フロントパーツのチョコブラウン。
フロントパーツが今回のポイントです。
フロントパーツは収める名刺の枚数によって変わりますが、一回り大きくカットしてあります。
20180430233617236.jpeg

と、その前に。
こちらは型になるパーツです。
床革を名刺のサイズにカットし、約1センチの厚みに重ねたものです。
6面全部をトコノールやCMCで磨いておきましょう。
あ、必ずしも床革で作る必要はないです。
木型でももちろんOK、各自のお好みでご用意ください。
20180430233613d4b.jpeg
20180430233616ade.jpeg

まずはフロントパーツのセンターにマーキングします。
完成時に跡が残らないよう自分がわかる程度に軽く印を付けます。
20180430233732b76.jpeg

型のマーキングに合わせて置き、実際に名刺が収まっている状態をイメージ。
この状態でウエットフォーミングに入ります。
20180430233733927.jpeg

フロントパーツを水で濡らします。
ブラウンの革なので画像では分かりにくいですが…水分を十分含ませ、余分な水分はタオルなどに挟んで除いておきます。
201804302337390ac.jpeg

絞りに入ります。
通常は凸型に対して凹型を用意するのがベストですが、ここでは凹型を使わずに絞ります。
画像に写っているヘラやローラー、金具類を駆使して絞ります。
この絞り方自体が邪道なので、特に決まった工具はありません。
各自持ってる工具でご自由に思うがまま絞ってください。
ポイントは革がズレないようにしっかりと押さえて行うことです。
20180430233736922.jpeg

十分に絞れたら型に収めたまましばらく放置プレイし、型から外してさらに放置プレイします。
無難なところで一晩放くらいのプレイがよろしいかと。
201804302337379a0.jpeg

存分に放置プレイを楽しんだ後、本体への接着に入ります。
型を本体パーツに置いて位置を確認します。
20180430233740b9e.jpeg

絞ったフロントパーツを置いて接着剤の塗布位置をマーキングしておきます。
20180430233741738.jpeg

接着面を軽く荒らし…
2018043023374505c.jpeg

接着剤を塗布。
フロントパーツはやや広めに塗っておきます。
20180430233746203.jpeg

型を置いたままの状態で接着に入ります。
型がそのまま接着のガイドになりますので、動かないように慌てず慎重に。
接着部分をヘラ、ローラー、ヤットコなどで圧着。
ここまで型は置いたまま行います。
20180430233747bef.jpeg

ここまでこれば出来たも同然。
はみ出した部分をカット。
20180430233747e03.jpeg
20180430233749148.jpeg

あとは普通にレザークラフトを。
2018043023375166c.jpeg

完成です。
201804302339524e4.jpeg

名刺入れ程度の小物であればこんな絞り方もアリですよ、という記事でした。
ご参考になれば幸いです。

レースを使った人形(超人)の作り方

時々余ったレースを使って人形を作っているのですが、いつのまにか
インスタの方で『レザー超人』としてご好評を頂いております。
今回はそのレザー超人の作り方を解説。
と言っても基本的には編んだレースを組み合わせているだけなので、今回は
胴体部分のスクエアブレードについてちょっとだけご説明します。
それではレースをご用意。
厚さと幅はお好みで構いませんが、こちらのレースは幅5mm、厚さ2mmです。
胴体の部分はしっかりとした部分が良いかと思います。
20180208223739478.jpeg

まずは下の画像のように絡ませてください。
201802082237415af.jpeg

右の端っこを返して縦のレースの上を通って中をくぐらせます。
20180208223741e11.jpeg

左の端っこも同じように返して画像のように絡ませます。
2018020822374451c.jpeg

上下左右を均等に引くと…
2018020822374325b.jpeg

こんな感じになるはず。
20180208223746bc2.jpeg

全体図はこんな感じのマジ卍です。
20180208223747e9a.jpeg

この状態を裏返すとこんな感じです。
2018020822374994e.jpeg

オモテに戻って画像のように折り返します。
20180208223750388.jpeg

縦のラインを横のラインの上を通ってくぐらせます。
この繰り返しです。
20180208223752c0a.jpeg

上下左右を絞ると今度は床面が詰まった状態に。
20180208223753c57.jpeg

上記の編みを繰り返していきます。
胴体はしっかりと目を詰めて編んでいきましょう。
201802082237564f4.jpeg

胴体ができたら画像のように針金を通します。
手足の部分は針金を巻き込むように編んでいきます。
2018020822375928e.jpeg

編み上げた胴体に画像の足のレースを通します。
針金を中心に巻き込むように4本編みで編んでいきます。
4本丸編みについては基本的なことなので解説は割愛で。
20180208223801dbc.jpeg

お好みの長さまで編んだら糸で縛って余分をカットします。
20180208223802dbe.jpeg

足と同じ方法で腕も編んでいきましょう。
20180208223804652.jpeg

簡単でしょ?
20180208223805860.jpeg

顔と手足は各自のお好みで仕上げてください。
自分も毎回適当なので解説しようがありません。
自分は足に靴を履かせ、手袋をかぶせてますが、この辺りが個性の見せ所です。
20180208223807898.jpeg

ここまで解説しておいてなんですが、編み方がわからない場合はこんな本がございます。
スクエアブレード、4本編みその他、編みとかがりのあれこれが載っています。
アマゾンのリンク貼っときますのでよろしければご査収くださいませ。
201802082238269a2.jpeg

革の編みとかがり

新品価格
¥2,160から
(2018/2/8 23:35時点)


レザーたい焼きの絞り方

今、一部のレザークラフターの中で空前のブーム『レザーたい焼き』。

今回はHi's works流レザーたい焼きの絞り方についてです。

まずはたい焼きの型をご用意。

20180107143827bb3.jpeg

自分はアマゾンにて購入しました。

ちなみにアマゾンのプライム会員になると送料が無料だったり、ミュージックが聴き放題だの、映画が見放題だのなんか色々とお得なんですが、詳しくはもうアマゾンで調べてください。

パール金属 たい焼器 ガス火専用 フッ素加工 おやつDEっSE D-419

新品価格
¥2,052から
(2018/1/9 00:57時点)

レザーたい焼き製作にあたっては、取っ手はあっても絞れますが、不要なので叩き折るなり切断するなりしてください。

怪我のないように自己責任にて。

20180107143827217.jpeg 

型と材料以外の必要なものを用意します。

石粉粘土で型取りしたアンコ、クランプ、バイス、ラップ、ゴム板、木の板 です。

全てホームセンターで購入可能だと思いますが、アマゾンでも揃うと思いますので外出が面倒な人はアマゾンで。

ちなみにアマゾンのプライム会員になると送料とか映画とか音楽とか、くどい。

20180107143830789.jpeg

まずは石粉粘土でアンコを作ります。

流石に100円で売っているものをアマゾンで買うのもいかがなものかと思うので、お近くの100円ショップでお買い求めください。それでもアマゾンで購入したい方はここにリンクを貼っておきますのでご自由に。

石粉粘土 ファンド 200g 06-0007

新品価格
¥281から
(2018/1/9 00:59時点)

クランプも一緒に購入できると思いますが、自分はホームセンターでより強力で頑丈なものをチョイスしました。

画像は既に完成した型ですが、たい焼き器へ満遍なく、パンパンに石粉粘土を詰め込んで表面をフラットに均します。

1日放置後、型から外して室内でさらに放置。

自分は完全に固まるまで23日かけました。

出来上がったアンコにラップを巻いておきましょう。

201801071449074cf.jpeg201801071449076ee.jpeg

いよいよ絞りに入ります。

ヌメ革を15cm×11cmにカット。

当然2枚用意します。

材料のヌメ革の厚さですが2.0mm3.5mmぐらいでしょうか?

この辺りは好みもありますが、2.0mm以下だと仕上がりがやや貧弱な印象です。

20180107143830a98.jpeg

カットしたヌメ革を水で濡らして十分に水分を含ませます。

余計な水分はキッチンペーパーなどでしっかりと除去。

水分を取り除いたあと革を揉んで伸ばします。

右が濡らして揉んでほうです。

20180107143831a21.jpeg

たい焼き器にラップを敷き

20180107143833fc5.jpeg

ヌメ革

20180107143834fec.jpeg


床革
20180107143836246.jpeg

アンコ
20180107143837741.jpeg

ゴム板
20180107143839a40.jpeg

木の板。
20180107143840d28.jpeg

上記の順に重ね、これらを画像のようにバイスとクランプで挟みます。

床革を挟むのは、型と革の密着度を上げる為です。

石粉粘土は固まると収縮しますので、その分隙間を床革の厚みで補うイメージでしょうか?

厚みのある革なら必要ないかもしれません。

20180107143842730.jpeg

各ネジを順に締め上げ、30分~1時間ほど放置。

より綺麗な絞りにするには、たい焼き器にヌメ革が満遍なく密着している状態にしなければなりません。

絞りの限界は感覚的なものになりますが、これ以上手で締め上げられないところからもう一声、ぐらいでしょうか?

20180107143845bac.jpeg

自分は画像のようにクランプの持ち手を延長させて最後の一絞りをかけていますが、腕力に自信のない女性には厳しいかもしれません。その場合は彼氏さんや旦那さんにお願いしましょう。

お願いするときは下からの上目遣いをお忘れなく。胸元の空いたセクシーな服なら断るオトコはいません。

彼氏のいないあなたはこの機会に、愛しのあの人に想いを伝えてみてはいかがでしょうか?

届け、この想い。

201801071438463fb.jpeg

型から外して周りの余白部分をローラーやヘラで伸ばして出来あがり。

余白部分は縫い合わせるのに必要なので、カットして調整する分も含めて7mm10mmほど確保できるように絞りましょう。

20180107143848950.jpeg20180107143850f18.jpeg

完全に乾いてからは普通にレザークラフトしてください。

ファスナーを付けるも良し、手足を付けるも良し。

絞りのポイントは革と型が隙間なく密着することと、十分な圧力をかけることです。

20180107143851869.jpeg

製作にあたっては、自分がインスタにて仲良くさせてもらっているこちらの方々のブログ及びHPもとても参考になります。

是非ご覧ください。

https://356802.blogspot.jp/

http://s-peach0123.wixsite.com/



パール金属 たい焼器 ガス火専用 フッ素加工 おやつDEっSE D-419

新品価格
¥2,052から
(2018/1/9 00:57時点)

高儀 TAKAGI Cクランプ 深型 100mm×145mm

新品価格
¥631から
(2018/1/9 00:56時点)

石粉粘土 ファンド 200g 06-0007

新品価格
¥281から
(2018/1/9 00:59時点)

高儀 M&M ホームバイス 90mm

新品価格
¥1,854から
(2018/1/9 01:04時点)

アイテック 天然ゴム板 100x100mm 厚さ1mm 黒 KGR-1100

新品価格
¥36から
(2018/1/9 01:05時点)

国産 ヒノキ 板 工作材料 DIY 端材 檜 角材 端材 日本

新品価格
¥300から
(2018/1/9 01:06時点)

【業務用】サランラップ BOXタイプ 22cm×50m

新品価格
¥348から
(2018/1/9 01:07時点)

革でコンチョを作ろう

レザーと金属製品、とりわけシルバーや真鍮などは革製品と非常に相性が◎。
コインをドーム状に凹ましたコンチョもそのひとつです。
ハードなイメージの革製品ほどコンチョは生きるのですが、ソフトな印象の作品やハードなイメージを抑えたい、そんな場合は革で作ってしまうのも良いかと思います。
そんなワケで今回はレザーコンチョについて。

まずは材料を用意。
左は表面に使います。厚さは1.0〜1.5mmほど。柔らかいものを使います。
右は裏面、厚さは2.0〜3.0mmほどが良いでしょう。こちらは硬めの革が良いでしょう。
中央は芯材です。両面とも接着面になるので床革でいいです。
厚さはお好みで構いませんが、仕上がりの厚さを考慮し、色々試してみるのも楽しいかと思います。
左右とも5cm ×5cm、芯材は直径3cmです。
各自お好みの大きさで。
20171017232551b2a.jpeg

裏面パーツの床面にマーキング。
芯材パーツのヘリを落とします。ヘリ落としは表面パーツ側のみでOK。
20171017232552238.jpeg

接着面を荒らします。
芯材パーツは表裏側面まんべんなく荒らしましょう。
20171017232553f9c.jpeg

裏面パーツに芯材を接着。
201710172325554f9.jpeg

続いて表面パーツを接着。
20171017232556a4d.jpeg

表面をヘラ等でしごいて密着させます。
側面部分、円の外周はしっかりと。
2017101723255893d.jpeg

縫いの工程に入ります。
菱目打ちでアタリを付けて…
2017101723255975e.jpeg

菱錐で穴あけ。
201710172326011f2.jpeg

縫います。
強めに引き絞る感じで。
20171017232602b11.jpeg

丸く切り出します。
画像のような円定規があればベストですが、今回はちょうどいい大きさがないので型を作ります。
サークルカッターを2cm幅にセットし、画用紙のような厚めの紙を円形にくり抜きます。
今回は直径4cmの大きさになります。
20171017232604460.jpeg

型をガイドに円形にマーキング。
2017101723260574a.jpeg

包丁でカットします。
円形に切るのはかなり技術を要します。
自分も下手くそなのはあえて承知の上でコツを述べさせていただきますと、包丁を回すのではなく、革の方を回していくと良いでしょう。
この作業時に包丁の切れ味が落ちているようであれば、再度研いでから行う方が無難です。
201710172326067ef.jpeg

コバを処理します。
2017101723260830a.jpeg

出来上がりです。
ただ、この後さらにコインのコンチョのように凹ましたい場合は…
20171017232610b1f.jpeg

水で濡らして…
2017101723261151b.jpeg

このようなコンチョ製造工具で裏面から叩きます。
要はコインのコンチョと同じように加工してしまいます。
20171017232613c61.jpeg

より膨らみが強調されました。
20171017232614504.jpeg

サイドからの厚みはこのように。
2017101723261665e.jpeg

裏面はこんな感じで。
201710172326172bd.jpeg

いかがでしたでしょうか?
作品の幅を広げてどんどんレザークラフトを楽しんでいただければ幸いです。

クラフト社 コンチョ インディアン Nネジ式 21379-01

新品価格
¥295から
(2018/1/9 00:53時点)

超簡単(手抜き)クラッチバッグの作り方

正直作り方を解説するほどでもない作品ですが、たったこれだけで革のバッグが作れますよ、ということを伝えたいが為の記事です。
お暇つぶしにでもなれば幸いです。
サラリーマンの自分は時々出張に出ることがあります。
その際、自分の革小物たちをお供に連れて行くのですが、これらをまとめて収納できるバッグが必要だと先日の出張で感じました。
一ヶ月ぶりのレザークラフトなので、慣らし運転がてら早速製作に。
とは言え、出張時くらいしか出番のない自分用のバッグにヌメ革を使うほどでもないので、有り余っている床革で。

床革を60cm×30cmにカットし、バッグ内側になる面をCMCにて処理。
20171007191504c1b.jpeg

オモテになる面にミンクオイルをすり込みます。
この処理はお好みで。
床面へのオイルアップは靴磨きなんかに使うブラシを使うと便利です。
20171007191506b02.jpeg

下部分の角をカット。
この処理もお好みで構いません。
カットする場合は、カットすることを前提にした接着を行なってください。
201710071915074ae.jpeg

菱目打ちで軽く当たりを付け…
20171007191508fde.jpeg

菱錐で穴を開けます。
もちろんそのまま菱目打ちで開けてしまってもOKです。
20171007191509f96.jpeg

コバを仕上げて出来上がりです。
これだけで袋物としての最低限の機能は確保されていますが、これでは少々味気ないのという方は、お好みの方法で留め具をつければ自分だけのオリジナルクラッチバッグが完成です。
2017100719151183a.jpeg

というわけで自分はコンチョと革紐で。
画像ではわかりにくいですが、コンチョはワニ革の被せボタンにしてあります。
201710071915175a4.jpeg201710071915196d3.jpeg20171007191520cf3.jpeg

『二つに折ってサイドを縫う』
素材が革ならば、これだけでそれなりにしっかりしたバッグが出来てしまいます。
サイズも好みに合わせて自由自在。
以上、クラッチバッグの作り方でした。



[コロンブス] columbus クリーム ミンクオイル シューズ・レザーグッズ用 45g

新品価格
¥433から
(2018/1/9 00:50時点)

[コロニル] コロニル 馬毛ブラシ 17cmx5.4cmx4.5cm CN044042 Black F

新品価格
¥1,120から
(2018/1/9 00:51時点)

マチの構造について2

前回の記事でやや説明不足だったと思われる点について勝手ながら補足です。
目薬のケースをベースに解説したいと思います。
ケースといっても目薬サイズの小型メディスンバッグなのですが。
材料はこちら。
サイズ感はマス目でおおよそおわかりいただけるかと思います。
右端がマチのパーツになります。
20170909232938a01.jpg 

マチのパーツ全体を水で濡らし、水分を浸透させます。
余分な水分はタオル等で吸収。
水分を含み、若干色味が変わっています。
あ、濡らす前に床面側のセンターにマーキングしておくことを忘れずに。
201709092329408bb.jpg

ネジ念を4.5mmにセットして画像ように線を入れます。
20170909232941668.jpg

線に沿って折り曲げます。
水分を含んだ革は通常よりデリケートな状態にあります。
爪で軽く引っ掻いても跡が残りやすいので取扱いには注意が必要です。
2017090923294282f.jpg

端を90°に折った状態から…
201709092329442b5.jpg

オモテパーツのカーブに合わせて成型します。
各パーツのセンターにはマーキングを。
繰り返しになりますがマチパーツは濡らす前にマーキングしておきましょう。
この状態で一晩寝かして乾燥させます。
マチが乾燥したら製作を進めましょう。
2017090923294519f.jpg

その後の手順については前回の記事をご参考に。
応用すればどんなサイズのメディスンバッグでも作れます。
20170909232947cb9.jpg




ヌメ革きなり 成牛タンロー2.0mm厚 / A4サイズ 210x297mm

新品価格
¥1,080から
(2018/1/9 00:52時点)

クラフト社 コンチョ インディアン Nネジ式 21379-01

新品価格
¥295から
(2018/1/9 00:53時点)

マチの構造について

今回はマチのある立体的な革製品について、シガレットケースをベースに書きたいと思います。
あくまでもひとつの方法であり、ご参考程度にしていただければ幸いです。

左上からマチのパーツ、隣が本体後ろ側、下段左からかぶせの裏側、フロント部分、フラップ留めのパーツになります。
材料をカットしたら後からでは磨けないコバ、床面のモケモケを処理しておきましょう。

まずはフロントとマチの取付けです。
マチのパーツは幅3cm、長さが30cmにカットしてあります。
この時点でマチとフロントパーツの中心下部にあらかじめマーキングをしておきましょう。
画像はあらかじめウエットフォーミングで整形してあります。
20170903160454771.jpg 

ウエットフォーミングの手順ですが…
・マチのパーツを水に浸して十分に水分を浸透させます。余分な水分をタオル等に挟んで軽く叩くようにして吸収しておきます。
・両サイドともに端から4.5mmでネジ念で線を入れます。
・線に沿って革を90°に折り曲げ、フロントパーツのカーブに合わせてマチを成型します。
・一晩日陰乾かして準備完了です。
20170903160455188.jpg 

フロントパーツに幅4mmで縫い線を入れます。
20170903160456cef.jpg

マチを接着する前に穴を開けておきます。
立体的な構造上、マチを接着してからの穴あけは難しいので、この時点で穴を開けておくと接着してからの穴あけがやりやすくなります。
201709031604584cb.jpg

接着は中心下部のマーキング同士を張り合わせ、左右均等に張り合わせていきます。
マチパーツはやや長めにとって接着してから余分をカットします。
カットした断面のコバはこの時点で磨いておくといいです。
20170903160500b2c.jpg

あらかじめ開けておいた穴をガイドにマチパーツに穴をあけ、縫います。
後ろ側のパーツを付けてからではやりにくいので、フラップ留めのパーツもこの時点で縫い付けておきましょう。
201709031605027bd.jpg

かぶせのパーツを縫い付けます。
厚い革なら裏のパーツは必要ないかもしれませんが、この部分は作品の顔的な部分にもなるのでお好みで。
20170903160502070.jpg

本体後ろ側との接着。
フロントと同じく中心下部にマーキングします。
接着はこのマーキングから左右均等に。
201709031605040e2.jpg

後ろパーツはマチ側から穴をあけます。
自分は全ての作品で『前面』側から穴をあけるようにしております。
後ろ側から穴をあける場合はフロントパーツと同じ手順で良いかと思います。
20170903160506907.jpg

コバを磨いて完成です。
201709031605073a1.jpg

こちらのケースは1.5mm厚の革ですが、本体の後ろや前のパーツを厚くすることでより頑丈なケースに仕上がります。
ただし、マチのパーツは厚くしすぎると製作は困難になりますので、強度に支障のない程度の厚さを確保したうえで、縫い代部分を漉くなどの工夫が必要です。

今回記事にした構造はバッグやカードケースにも応用がきくタイプなので、各人の好みの作品に生かしていただき、より良いレザークラフトライフを送っていただければ幸いです。



































マネークリップ

久しぶりにまともな?記事を書きたいと思います。
今回はマネークリップについて。
比較的少数派の財布かと思いますが、薄着になるこの季節、ポケットの中身を軽くしたい方にはオススメです。

で、そのマネークリップの作り方ですが、まずは内装はこんな感じです。
いつも持ち歩いているカード枚数に合わせてポケットの数はお好みで。
この辺りの詳細は割愛。
20170823215841e06.jpg 

マネークリップについては教則本等一切見ておりません。
完全なる我流ですのであくまでもご参考程度に。
ポイントになるのはセンターのクリップ部分。
センターから左右に1センチづつ離したところに縫い線を引きます。
201708232158284ed.jpg 

当然ですが左右の穴の位置、数は合わせます。
折りたたんで金具を挟んだ状態で、この穴を縫い合わせます。
2017082321583072a.jpg 

金具の取付け時は接着剤は使いません。
挟み込んだ金具を安定させるため、縫い終わりの穴に針を刺して固定しておきます。
この状態で縫い進めますが、糸を引く力はいつもより強めに。
縛り付けるような感じでしょうか。
あまり強すぎても仕上がりに影響が出ますので、この辺りの力加減には注意が必要です。
20170823215833242.jpg 

縫い上がりはこんな感じで。
金具の取付け前に外周のコバは仕上げておきましょう。
20170823215834ad4.jpg 

金具を挟まずに縫って後から金具を差し込んでも大丈夫だとは思いますが、キツくて入らなかったり、逆に緩くて金具が抜けてしまうのが怖いので、このような方法で製作しております。
201708232158449dc.jpg 201708232158463ec.jpg 20170823215847f89.jpg 
お堅いイメージのマネークリップですが、色使いで遊び心を出せば素敵な一品になるかと思います。
今回のオーダーではオモテはややシックに、中はポップに。
受注製作にて承っております。
お問い合わせお待ちしております。

スポンサードリンク
プロフィール。

H

Author:H
~Hand-sewn leather products~ Hi's works
~手縫いの革モノ~ ハイズワークス

ご覧いただきありがとうございます。

植物タンニンなめしによるヌメ革を主に、手断ち、手縫いにこだわったハンドメイドの革製品を製作しています。
サラリーマンとしての本業を持つ傍らで活動しておりますので、言わば片手間での製作とも言えますが、本業で無い分、ひとつひとつの作品に手間と時間を惜しまず製作しております。
「こんな財布が欲しい」「こんな感じのカバンが…」といったご要望があれば是非お問い合わせ下さい。
あなたの思い描く革製品を形にするべく、可能な限りお手伝いをしたいと思います。

作品販売サイト
BASE

Creema(ハンドメイド・ソーシャルマーケット)

minne(ミンネ)

作品のご購入、オーダーメイドのご相談、レザークラフトに関するご質問等、以下メールフォームからご連絡下さい。

お問い合わせはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ。
コメント。
レザークラフト始めませんか?

革の技法  楽しむための基本集

新品価格
¥1,365から
(2013/8/18 15:46時点)



手縫いで作る革のカバン

新品価格
¥2,625から
(2013/8/18 15:48時点)



手縫いで作る革のウォレット

新品価格
¥2,625から
(2013/8/18 15:51時点)



はじめてのレザークラフト

新品価格
¥2,625から
(2013/9/28 23:05時点)



レザークラフトスタートブック

新品価格
¥2,940から
(2013/9/28 23:07時点)



レザークラフト スターターキット

新品価格
¥3,970から
(2013/9/28 23:09時点)



牛革ハギレ【レザーマニア】



素晴らしい革職人たち。